インデックス投資

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020に投票しました。

先日、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020に投票しました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020公式サイト

昨年内容を知り、今年は投票してみようと考えたためです。

積み立て投資をしているVTに5点すべて投票しました。

【SBI証券】米国ETFの定期積み立て方法米国ETFを積み立てで購入することでどういったメリットがあるのか?またETFとはどういう商品なのかをSBI証券で定期買付する方法と合わせて解説しています。...

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearとは

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearとは

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。

投資信託の事情通である彼ら彼女らが支持する投資信託はどれか?

といったコンセプトに基づいて

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び

それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

非常に共感できる内容だと思います。

もっと世間に投資が広まり、より良い銘柄に資金が集まることを願っています。

【注意】絶対やってはいけない投資法とは?投資初心者は特に要注意!投資で大損しないためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか? 今回は、初心者なら必ずおさえておきたい「やってはいけないこと」を紹介します。...

投票期間

投票期間は2020年11月1日(日曜日)から11月30日(月曜日)までです。

投票条件に当てはまる方は投票してみてはどうでしょうか?

投票資格

投票資格は投信ブロガーであることです。

2020年9月30日までにブログを開設していればどなたでも投票可能です。

対象となる投資信託

投票対象となるのは2020年10月31日までに設定された投資信託です。(ETFも含まれます。)


海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもののみが対象となっています。

米国のおすすめETFについてはこちらの記事もどうぞ。

長期で分散投資が可能!おすすめ米国ETF長期的にリターンが期待できる米国株、その複数銘柄で投資ができるETFの種類についてどんなものがあるのか?種類によって分けて特徴をご紹介します。...

投票方法

投票者一人について5ポイントを持ち点があります。

この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票する方式です。

5ポイントを1つのファンドに集中させることもできますし、1ポイントずつ5つの投資信託に分散して投票することもできます。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019結果

昨年の結果は次の通りです。

引用 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」
投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤー2019 結果発表投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」(ファンドオブザイヤー)2019の結果と個人的な感想についてまとめています。...

昨年はeMAXISシリーズが上位を独占していました。

いずれも信託報酬が安い銘柄が並んでおり、十分参考になる内容ではないかなと思います。

今年はどうなるのでしょうか?

【初心者向け】バランス型の投資信託とは?投資信託でよく見るバランス型投資信託。手軽に国際分散投資を行いたい方にはぴったりです。そのバランス型投資信託の特徴と内容についてご紹介します。...

まとめ

今年も残すところわずかとなりました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearは投信ブロガーであれば投票可能なイベントです。

全体的にどの指数も上昇基調で今年はどんなファンドが上位にくるのか結果発表が楽しみですね。

結果発表を楽しみにしてみて下さい。

結果をまた記事にしたいと思います。

1本で全世界の株式へ投資!VTとは?バンガードのETF【VTI】は米国全体へ投資できることもあり人気ですがどういったものでしょうか?投資を始めたい方向けに銘柄の特徴と内容についてまとめています。...

投資信託を選ぶ際のおすすめ書籍はこちらです。

ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。