FIRE(経済的自由)

【書評】本気でFIREを目指す人のための資産形成入門

誰もが一度は働かなくても配当金だけで生活することを考えたことがあると思います。

今回「本気でFIREを目指す人のための資産形成入門」という本をご紹介します。

この本は三菱サラリーマンさん@FREETONSHA(穂高唯希さん)が書かれた本です。

この方は30歳でセミリタイアを達成しています。

三菱サラリーマンさんはブログも書かれています。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた

具体的にどういった手法でセミリタイアを達成したのか気になりますよね

三菱サラリーマンさんの手法は

  1. 年収が高い会社へ就職
  2. 支出を極端に減らす
  3. 給料の8割を投資に回す
  4. 高配当投資からの配当金を得る

こちらの4つのステップです。

書籍の内容含めて解説していきます。

紙面の構成

「本気でFIREを目指す人のための資産形成入門」は以下の内容で構成されています。

  1. セミリタイアを目指し投資手法を確立するまで
  2. 高配当投資をはじめよう
  3. お金を発生する自動マシンを育てよう
  4. 自動マシンの強化
  5. 資産形成は目的ではなく手段

全体的にはブログのまとめのような内容となっています。

投資手法の確立まで

三菱サラリーマンさんの経歴

  • 14歳 為替の研究
  • 15歳 ネトゲ廃人
  • 22歳 日本株へ参入
  • 23歳 入舎当日アーリーリタイア決意
  • 29歳 経済的自由
  • 30歳 セミリタイアFIRE

三菱サラリーマンさんは三菱グループの大企業へ就職しました。

しかし他の社員と違っていた点は

入社初日からセミリタイア・アーリーリタイアを志していたということです。

この生活が続くのかと思うと精神的な牢屋に入ってしまった感覚を得たそうです。

この感想はみんながみんな当てはまるとは思いませんが

私たちはなんとなく就職して定年まで働くことは当たり前だと考えていますよね。

当然会社員であれば貴重な経験や組織での醍醐味を味わうことができます。

三菱サラリーマンさんは中国へ留学された際に様々な国の友人と出会い

人生は楽しむものだという価値観に触れ、自由な生活も目指すようになります。

高配当投資の確立まで

FX等で投機的な取引を繰り返していた三菱サラリーマンさんは

リーマンショックで大きな損出を出します。このことで節約をするようになっていきます。

相場の値動きが読めなく精神的にも消耗するような投資は永続的ではないと感じられ

株式を継続的に購入することで株式から得られる配当金を積み上げていくことが好適である

という結論にいたります。

確実の早期セミリタイアをするにはどうすれば良いのか?

このことを突き詰めていくと

  • お金を稼ぐこと
  • 資産を形成すること

この2点に注力し【経済的自由】を達成することを目標にしました。

経済的自由とは資産からの収入が支出を上回る状態です。

株式を保有するだけで自動的に振り込まれることが

定期的な不労所得・定期的なキャッシュフローにつながる

高配当投資

第二章では長期での高配当投資と節約について書かれています。

配当金という定期的な不労所得を増やす上で重要な要素は入金力です。

節約について

三菱サラリーマンさんが実践した項目です。

ペットボトル飲料を買わず、水筒持参

たばこを買わず、たばこ株を買え

飲み物は白湯でOK

デートは、公園で手作り弁当でピクニック

書籍は図書館利用

会社の飲み会は必要最低限

株主優待を利用すべし

散髪はセルフカットか、1000円カット

携帯は格安シム

プールやジムは公共施設を利用

コンビニでの買い物は避けよ

買い物カートは使わない

支払いは現金ではなくクレカで

保険には入らない

階段は資源

入金力につながったのは徹底した倹約ぶりです。

まずは大きな固定費の削減。こちらは他の本でも言われていることですね。

またセミリタイア後の支出が少なくなることでFIREまでの道のりも短くなります。

配当金投資に向けて

この本では米国株を中心とした投資を推奨しています。

理由としては米国企業の収益性の高さと増配実績のためです。

配当金のメリット

配当金は株主にとって何が良いのか?

1.手間がかからない

2.再現性が高い

3.不労所得の可視化になり、経済的自由の達成具合が明快

4.出口戦略を考える必要性が基本的に生じない

5.時間と共に積み上げられ、相場局面にかかわらずモチベーション維持になる

6.モチベーション維持により長期投資を可能にさせる

7.ほかの生き方をする選択肢が増え、そのハードルが下がる

8.月々のキャッシュフローが読みやすい

9.配当利回りが、株価下落時の一定のクッションになることがある

以上のメリットがあります。

三菱サラリーマンさんは高配当株・連続増配株をひらすら買い続けるという

投資スタイルを一貫して採り続けています。

配当金投資はキャッシュフローが読みやすい一方で

トータルリターンが市場平均を下回る可能性があります。

【不労所得への道】高配当株投資はじめ方セミリタイアを検討している人向けに、高配当投資の方法を紹介します。不労所得で生活することについて、考え方・実践方法・リスクの観点から解説します。...

お金を発生する自動マシンを育てよう

第三章では実際に投資する方法の内容となっています。

FIREへむけては【お金を生み出すマシン】の作成つまりはインカムゲイン(配当益)を

得られる環境をつくってしまうということです。

おすすめの証券会社

株式投資を始めるにあたってはネット証券で口座を開設しましょう。

がおすすめです。

【2020】初心者におすすめ 証券口座比較投資を始めるには証券口座が必要となります。それぞれのネット証券会社の特徴をまとめています。...

ネット証券の方が手数料が安いためです。

現在では米国株の最低の手数料が撤廃されており非常に投資しやすい環境となっています。

SBI証券 ETF手数料無料化! SBI証券では株式の購入等の手数料を無料にすると発表しました。 SBI証券では、2019/12/16から順次、手数料の無料化およ...

米国企業へ投資

推奨されているのは連続増配の米国株の個別株やETFを買っていくという投資手法です。

配当金というのは利益から払い出されます。

米国には景気後退局面でも連続増配している企業が多数あります。

そういった収益構造の違いが日本株と違って魅力です。

高配当のETFがおすすめされています。

  • VYM
  • HDV
  • SPYD

それぞれの銘柄の特徴についてはこちらの記事をどうぞ。

【米国高配当ETF】 VYMとは?特徴を解説バンガードの高配当ETF【VYM】について紹介しています。特徴、構成銘柄等を【HDV】【SPYD】等の高配当ETFと違う点をまとめてみました。...

米国高配当ETF HDVとは?ブラックロックが取り扱っている米国高配当ETF HDV とはどういった内容なのか?まとめてみました。...

【米国高配当ETF】 SPYDとは?特徴を解説ステートストリートが運用している高配当ETFのSPYDについて、コロナショックの影響を踏まえて銘柄の特徴をまとめてみました。投資を検討されている方は参考にしてみて下さい。...

自動マシンの強化

第4章は中上級者向けで個別銘柄の紹介となっています。

高配当10銘柄

  1. ジョンソンエンドジョンソン
  2. アッヴィ
  3. アルトリア・グループ
  4. ベライゾン
  5. AT&T
  6. サザン・カンパニー
  7. デューク・エナジー
  8. エクソンモービル
  9. ロイヤル・ダッチ・シェル
  10. アイ・ビー・エム

いずれも高配当企業が並んでいます。

少なくとも10銘柄以上に分散して投資する必要があります。

個別銘柄では定期的なメンテナンスが必要です。

具体的には4半期ごとの業績のチェックになります。

資産形成は目的ではなく手段

お金は自由に生きていくための手段です。

現代は便利な時代となりました。

今やネットから世界中の様々な投資商品にアクセスできます。

十分な入金力があれば支出の状況次第で30代でのFIREも可能です。

自分の進みたい方向に正しい方向で努力をすれば

将来の目標を達成できると三菱サラリーマンさんは言われています。

まとめ

三菱サラリーマンさんがセミリタイアを達成した方法は

  • 高収入であること
  • 支出を極端に削減していること

の2点で非常にシンプルです。

誰でもできる投資手法と書かれているとおりではないでしょうか?

配当金投資の特徴は再現性が高いという点です。

同じ手法をできれば誰でもセミリタイア可能です。

三菱サラリーマンさんはかなりの高収入であったため30歳でセミリタイアを達成されました。

一般的な年収の方はまずは年収を上げる事を目標にすべきであると思います。

非常に面白い本です。興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

【書籍感想】 転職と副業のかけ算まとめ「転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方」という本では個人で稼ぐ方法についてどうするべきなのか?について書かれています。今までのサラリーマンの価値観を覆す内容となっています。...
ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。