資産推移

今月の配当金状況 【2020年5月時点】

あっという間に5月も終わりました。

5月の状況をまとめてみました。

新型コロナウイルスの感染が世界中で一気に拡大しましたね。。。

日本では自粛が解除され経済活動が再開されつつありますが

2次感染が懸念されています。

今後の生活様式の変化は会社生活の働き方にも

大きな影響を与える事態になったのではないかなと思います。

今月株価推移

5月の日経平均株価は 

¥20,193 ⇒ ¥21,916  前月比+¥1,723

5月のダウ平均は

$23,723 ⇒ $25,383  前月比+$1,660

という結果でした。

日経平均推移

        

日経平均はここ数日の上げがすごいです。

今後このまま上昇が続くのかはたまた二番底が来るのかまったく

分かりませんが下落相場を踏まえ、準備しておきたいと思います。

3月の暴落相場で経験しましたが先が見えない中

買い進めることは難しいと分かりました

ダウ平均推移

      

ダウ平均の方も右肩上がりとなっています。

実態経済との乖離が非常に気になります。

今月の配当金推移

今月の配当金推移です。

依然として月1万円平均の配当金をもらえているものの

まだまだ目標からは程遠い状況になっています。

セクター別割合

日本株のセクター別の構成比率は上記になります。

今月は情報通信・商社関係の買い増しを増やしました。

1セクター20%を上限を目標としていますが情報・通信分野は

来月調整したいと思います。

米国株はETFと個別株をトッピングしています。

ETFでも十分に分散されていますがこのあたりは私の好みになります。

もちろんETFオンリーでもOKです。

今月の購入銘柄

日本株の購入銘柄です。

少額ですがコツコツと下がったタイミングで買い増しを進めました。

日本株の購入はすべてSBIネオモバイル証券で行っています。

SBIネオモバイル証券 メリット・デメリットSBIネオモバイル証券を使ってみてのメリット・デメリットをまとめてみました。SBIネオモバイル証券は少額での投資する際にはおすすめできる証券会社です。...

米国株では KO、MOを追加購入しました。

まとめ

市場は3月の暴落相場から一転株価がだいぶ戻ってきている印象です。

今回の暴落で分かった点
  1. 下がった株価はいずれ回復するということ
  2. 下落相場で買い進めるのは難しいということ
  3. 資産分散投資しなければならないということ
  4. 長期での保有することを前提とした投資にする     必要があること

今回の暴落で以上のことが分かりました。

実際の局面で感情だけで判断することは非常に難しいです。

配当金投資には再現性があります。

誰でも資金の投入さえできれば一定の配当金を得ることができます。

今後いつ暴落相場が起こるか誰にも分かりません。

できることは準備をしておくことではないかなと思います。

また口座開設まだの方はいつでも購入できるように準備しておきましょう。

楽天証券 口座開設方法  株式や投資信託を購入するにはまずは証券会社の口座が必要です。 ネット証券であれば簡単に口座開設を申し込みをすることができます。 ...
【2020】初心者におすすめ 証券口座比較投資を始めるには証券口座が必要となります。それぞれのネット証券会社の特徴をまとめています。...

おすすめ書籍

高配当株投資の買い方が具体的に書かれています。

これから投資を始めたい方におすすめです。

ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。