ニュース

【楽天証券】米国ETF買付手数料が無料銘柄追加

楽天証券よりお知らせがありました。

米国株ETFの買付手数料無料の銘柄が追加となるとのことです。

買付手数料無料米国ETFが主要ネット証券内で最多の15本に!

当社で、3月31日(木)米国現地約定分より買付手数料無料ETFの対象銘柄を既存の9本に加え、多くの投資家より年々高い人気を集めている「インベスコQQQ トラストシリーズ1 ETF(ティッカー:QQQ)」や「SPDRポートフォリオS&P500 高配当株式ETF(ティッカー:SPYD)」など6本の米国ETFを追加し、主要ネット証券内で最多※1の15本を買付手数料無料といたします。

引用 楽天証券

前回の記事でご紹介したSBI証券の買付手数料無料ETFのニュースに追随するような内容となりました。

【SBI証券】米国株買付手数料無料ETFの入れ替え2022年4月のSBI証券でも買付手数料無料米国ETFの入れ替えについて分かりやすくまとめています。...

今回の記事では楽天証券での買付手数料無料ETFにの内容についてご紹介します。

ETFとは?

ETFとはExchange Traded Fund の略で上場投資信託のことです。

複数の株式などを組み合わせて購入できる商品で少額から投資できる画期的な商品です。

少額で分散が効いていてまず投資を始める際にはETFや投資信託を積立することでリスクを低く始めることができます。

【初心者向け】インデックス投資 おすすめ本6選!インデックス投資の本って色々ありますが私が読んだ中でおすすめの本を選んでみました。どれを読んだら良いか?と迷っている方はぜひこちらから選んでみて下さい。...

買付手数料無料銘柄

今回の楽天証券での買付手数料無料の銘柄は以下の通りです。

コード銘柄名経費率
QQQ【NEW】インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF0.20%
SPYD【NEW】SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF0.07%
VGT【NEW】バンガード 米国情報技術セクター ETF0.10%
EPI【NEW】ウィズダムツリー インド株収益ファンド0.84%
AGG【NEW】iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF0.04%
IYR【NEW】iシェアーズ 米国不動産 ETF0.41%
VTバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF0.07%
VOOバンガード・S&P 500 ETF0.03%
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF0.03%
SPYSPDR S&P 500 ETF0.09%
RWRSPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF0.25%
GLDMSPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト0.18%
AIQグローバルX AIビッグデータ ETF0.68%
FINXグローバルX フィンテックETF0.68%
GNOMグローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF0.56%

NEWのマークがついた部分が今回新しく購入手数料が無料になったETFです。

SBI証券で追加された銘柄とすべて一致しています。

投資対象は以下の通り

  • QQQ  ナスダック100、ハイテク銘柄中心
  • SPYD  SP500の高配当企業を上から80銘柄
  • VGT  ハイテクセクターETF
  • EPI   インドの大型から小型株まで
  • AGG  BBB以上の安定性の高い米国債券
  • IYR 米国不動産指数

概ね全般をカバーしている印象です。

手数料無料の内容

今回の無料の内容は以下の通りです。

  • 買付手数料0.495%が無料
  • 売却手数料は0.495% (上限22ドル)がかかる
  • 対象銘柄の変更あり
  • 期間は3/31より

今回対象となるのは買付手数料のみです。

売却時には手数料がかかりますので売却する必要はなく積立投資をされている方は乗り換えて対象の銘柄を購入されることをおすすめします。

2022/4/1~無料のサービスはスタートしています。

また今後も銘柄の入れ替えが起こる可能性があるのでお知らせには注目していきたいですね。

SBI証券との違い

SBI証券のサービスとの違いは以下の銘柄が楽天証券には含まれていることです。

  • AIQ
  • FINX
  • GNOM

いずれも聞き覚えがなかったため調べた結果、テーマ型のETFで経費率も高いです。

良く分からないものへ投資は避けた方が無難でしょう。

投資のコアにするのは米国株や全世界株がやはり王道と言えます。

SBI証券では住信SBIネット銀行を利用すれば為替手数料を

通常25銭のところ4銭にすることができます。

為替手数料ではSBI証券の方が少し割安となります。

まとめ

今回と記事をまとめると以下の通りです。

  • 2022/4/1~ 買付手数料が無料、売却時は0.495%
  • 対象銘柄は以下の通り
  • 楽天証券はSBI証券より銘柄が多い
  • 無料の銘柄はほぼ似通ったもの
  • 買付手数料無料の銘柄の方がリターンを高めることができる

対象銘柄

コード銘柄名経費率
QQQ【NEW】インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF0.20%
SPYD【NEW】SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF0.07%
VGT【NEW】バンガード 米国情報技術セクター ETF0.10%
EPI【NEW】ウィズダムツリー インド株収益ファンド0.84%
AGG【NEW】iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF0.04%
IYR【NEW】iシェアーズ 米国不動産 ETF0.41%
VTバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF0.07%
VOOバンガード・S&P 500 ETF0.03%
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF0.03%
SPYSPDR S&P 500 ETF0.09%
RWRSPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF0.25%
GLDMSPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト0.18%
AIQグローバルX AIビッグデータ ETF0.68%
FINXグローバルX フィンテックETF0.68%
GNOMグローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF0.56%

今までになかった銘柄までも買付手数料が無料となりました。

特にQQQやSPYDはかなり人気の高い銘柄です。

積立購入にしてもスポットでの購入にしても私達個人投資家にはメリットがありそうです。

ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。