ニュース

日経電子版は高いけど結構良い!

新聞の購読料で結構しますよね。

日々忙しいと手にとって読まない日もあったり無駄だと感じたりしませんか?

私は勉強のために日経新聞をとっていたのですが最近宅配の日経新聞から日経電子版の方に切り替えをしました。

なんとなく電子版も利用しようかなと思ったためです。

それまでは単体で月額4,277円は結構高いなぁ

配達と合わせると月額5,000円であまり読まないこともあるし、結構固定費のとしては大きいため躊躇していました。

ただ実際に2週間程利用してみてこれはめっちゃいいサービスじゃん!と感じ配達の方を解約し電子版のみに変更しました。

今回の記事では

  • これから日経電子版を検討している方
  • 効率よく情報収集したい方
  • 日経新聞を購読していてあまり有効活用できていない方

に向けて実際にどうなの?という部分についてご紹介します。

日経電子版 デメリット

まずは日経電子版のデメリットからですが 価格が高い。これにつきます。

月額4,277円(税込み)サブスクとしては異例の価格です。

紙面が 

  • 朝・夕刊セット版月額税込4,900円 
  • 全日版地域は月額税込4,000円

ということなので価格としてはほとんど差がありません。

逆に朝刊だけ購読している場合は毎月の固定費が高くなります。

ただその価格以上に情報としての質が高く、すぐに入手できるのではと思います。

日経電子版 メリット

アプリが使いやすい

日経電子版のアプリは高いだけあり非常に使いやすいです。

スワイプでどんどん飛ばしてみることも可能で他のニュースアプリより見やすく随時確認ができます。

記事が読みやすい(無制限で読める)

スクロールするだけですべて読めるのは非常にラク。

また項目毎にページにしてくれているので朝刊の紙面の記事とニュースを分けてみることができます。

以下のようなイメージです。

                  引用 日経電子版

記事の質もある程度信頼できるものなのでその他のWEBニュースよりもよりビジネスに特化した情報を得ることができます。

情報がどこでも見られる

WEBとアプリとで情報が確認できるので新聞を持ち歩く手間もかかりません。

通勤時間や休憩時間にでも見ることができるので新聞紙よりも圧倒的に便利で空き時間を有効活用できます。

アカウント1つでPC、スマホ両方で利用できます。

紙を捨てる必要がない

意外に手間なのが新聞紙の処理。

毎月かなり貯まるので縛って捨てるだけでも時間と手間がかかってしまいます。

広告を見れないことを気にしていましたが今ではLINEやホームページでチラシを確認できたりします。

最近では目新しいものも少な新聞広告の必要性を感じることが少なくなったのも理由の一つです。

まとめ

月額の固定費はかかってしまいますが紙面での購読するよりも効率よく情報を収集できるため便利だと感じました。

スマホでの操作に慣れている方であれば非常に使いやすいサービスだと思います。

気になる方は無料会員となれば記事の制限はありますが記事を読むことができます。
また1ヶ月限定で無料で体験も可能ですのでぜひ一度試してみて下さい。

財務状況を無料で閲覧 IR BANKとは?高配当投資には銘柄選定が欠かせません。企業の情報をネット上で簡単に見る事ができるIRバンクについて使い方を紹介しています。...

ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。