家計管理

【お金の話】人生のイベントにいくらかかるの?

社会人になってからは大きなお金を使うことが多数あります。

人生のイベントにかかるお金
  • 結婚
  • 出産・教育資金
  • 住宅購入
  • 老後資金

それぞれのイベントにはまとまったお金が必要です。

いつまでにいくら用意しておけばよい分かれば将来の不安も少なくなります。

どのくらいのお金がかかるのか?それぞれまとめてみました。

将来の負担の増加

社会保険料の増加

将来日本は少子高齢化により、64歳以下の割合が減り、65歳以上の割合が増加していくといわれています。

つまり、働く人は減っていくのに、社会保障の給付が必要な人は増えて、その補てんのために1人当たりの社会保険料や税金が現在より増加すると予想されているのです。

・健康保険は、協会けんぽに加入しているものとする。
・社会保険料は、上記年収を月割りにして毎年6月現在の「東京都・40歳未満」の
社会保険料率を用いて計算した金額に12を乗じて計算しています。

物価上昇

またインフレリスクもあります。

年々物価は上昇しており、定期預金の利率ではもはや用意できない状況となっています。

今後、投資についてはますます注目されていく傾向になるでしょう。

【初心者向け】インデックス投資 始め方初心者にはインデックス投資がおすすめとよく見聞きしたりすると思います。実際のところインデックス投資は専門知識不要で、簡単に始められる投資方法なのではじめについて解説しています。...

結婚

結婚には何にいくら必要?

結婚での平均的な費用は次のとおりです。

最近では写真のみや簡単に済ませるケースも増えています。

全国
合計費用463.3万円
結納式18.3万円
顔合わせ費用6.2万円
婚約指輪35.4万円
結婚指輪24.1万円
挙式・披露宴354.8万円
新婚旅行71.9万円
出典 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017」(リクルートブライダル総研)

新生活の準備費用の平均は70万円以上。

家具はお互いの手持ちのものを使えば節約できます。

出産・教育資金

出産費用

出産費用は補助金等でまかなえるお金が多くあります。

入院・分娩費合わせて50万円前後。出産一時金が42万円もらえるため自己負担は10~30万円程度です。

教育費用

教育費用については子供1人当たり幼稚園から大学まで

オール公立の場合は約1000万円、オール私立の場合は約2500万円の金額がかかります。

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

教育資金いくらかかるの?子どもができると嬉しい気持ちになる一方で、これからかかるお金について不安な気持も生まれます。不安を減らすために、まず、子育てに一体どのくらいお金がかかるのか?その内容についてまとめてみました。...

子供にはよりよい教育を受けさせてあげたいと思うと思います。

当然ながら教育費用が長期になればなるほど家計に重くのしかかります。

早めに準備してあげたいものですね。

ジュニアNISA廃止に伴う変更によりメリットがある制度となっています。

小さいお子さんがいらっしゃる方はジュニアNISAも検討してみて下さい。

ジュニアNISA廃止決定!変更内容のまとめジュニアNISAの廃止が閣議決定しました。これまでと違いジュニアNISAにメリットが出てきました。その特徴を解説していきます。...

住宅(マイホーム)を購入する

人生の一番高価な買いものと言われているのがマイホームです。

  • いろいろな場所に住みたい
  • 通勤環境
  • 災害のときなどの安全性
  • 子どもへの資産を残したい

色々な思いがあるかと思います。

マイホームの平均費用は次の通りです。

 【土地付き建物】

  • 首都圏 4,652万円
  • 近畿圏 4,077万円
  • 東海圏 4,122万円
  • 全国平均 3,955万円

 【建物のみ】

  • 首都圏 3,615万円
  • 近畿圏 3,452万円
  • 東海圏 3,414万円
  • 全国平均 3,320万円

2017年6月住宅金融支援機構調べ

マイホームを取得は費用が大きい分、一気に負債が増えてしまうこととなります。

マイホームにどの程度の価値があるのか?よく下調べをしてから取得を考えましょう。

老後資金

現役世代は親世代よりも老後資金が必要となります。

  • 給与の伸び、退職金が低下
  • 少子化のため年金の給付水準が低下

となってしてしまうためです。

老後かかる費用は個人毎で違いますが

  • 夫婦2人受け取る公的年金   平均約19万円
  • 平均支出          平均約24万5000円

30年老後があると仮定すると約2,000万円かかります。

月5.5万円 × 12か月 × 30年 = 1980万円

老後2000万円問題どうやって貯めればよいか? これまで老後生活の大きな柱となってきたのが定年退職時の退職金ですが、 給付額の平均は1,700万円~2,000万円で、ピーク時か...

まとめ

お金の不安を取り除くためには生涯を見通したマネープランが必要です。

  • 何にどのくらいのお金がかかるのか?
  • それをどうやって準備するのか?

  • 収入を増やす
  • 貯しくを増やす
  • 投資で増やす

ということを分かって用意できれば将来の不安が少なくなり

充実した生活を送ることができます。

20代~30代の若い方は少額からでも投資をはじめてみましょう。

積み立てNISAを利用すれば簡単にはじめることができます。

【初心者向け】インデックス投資 始め方初心者にはインデックス投資がおすすめとよく見聞きしたりすると思います。実際のところインデックス投資は専門知識不要で、簡単に始められる投資方法なのではじめについて解説しています。...

まずはお金について知ることからはじめましょう。

こちらの本がとても分かりやすく書かれています。一度読んでみてください。

【感想】リベ大書籍 本当の自由を手に入れるお金の大学発売から1か月程で16万部を突破しているお金に関するビジネス本「本当の自由を手に入れるお金の大学」という本をご紹介します。...

ABOUT ME
ネス
30代妻子持ちサラリーマンです。結婚後、いつまで経っても豊かさを感じられないサラリーマンという働き方に愕然とし、二人の子育てをしながら経済的自由を目指し日々奮闘中。